春のポイント交換

春のお花をお届けします。

春のお花をポイント交換しましょう!

今回は文化会館での交換会はいたしません。
事前に申し込みを受け付け、お客様のご自宅にお花をお届けします。

《交換品》
①寄せ植え・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 一鉢48ポイント
②サフィニア・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 一鉢42ポイント
③ポット苗(ペチュニア)・・・・・・ 6ポット 30ポイント
④ポット苗(マリーゴールド)・・ 6ポット 30ポイント

*①~④のいずれか1点に限らせていただきます。
*ご不在の場合は、玄関先に置かせていただきます。

《申込方法》
交換希望の品名、ご住所、お名前、電話番号(日中連絡可能な番号)を明記の上、必要ポイントを下記まで郵送にてお送りください。(多くお預かりした場合、後日相当分をお返しします。)

《申込期限》

4月5日(水)必着

シクラメン交換会

11月17日(日)は、シクラメン交換会でした。
今年は、5.5寸鉢が初お目見え
やはり、鉢が大きくなると、とっても立派ですね。
画像は、こちらです。

シクラメン5,5寸鉢

シクラメン5,5寸鉢

春のポイント祭り

昨日は真冬のような寒さと雨、一日震えていました。
灯油もストーブも片付けてしまったからです。
とはいえ、文化会館では予定通り、春のポイント祭りが開催されました。
さすがに例年よりはお客様が少なく、みなさまゆっくりとお花を選ぶことができました。
ご来場された皆様、ありがとうございました。


medium wp-image-604″ />春のポイント祭り

シクラメン交換会&白鳥

11月23日(祝)、シクラメン交換会を市内3か所で開催します。
開催時間は、12時~13時30分

①ASAニュータウン西白井店
②シャディホーム 駐車場 (市役所前)
③プロムナード6番街集会所 (社会保険大学の向かい側、道路沿いの建物です。)

・各会場とも、駐車スペースがございません。
徒歩、あるいは自転車でおいでください.
・交換は、一家族50ポイントまでとさせていただきます。

≪おまけ≫

11月15日に、清水口調整池にオオハクチョウが飛来しました。
幼鳥4羽、成鳥2羽の6羽です。これから、徐々に飛来数が増えてくれるでしょう。

清水口調整池のオオハクチョウ

白井ふるさと祭り&亀川清人ペン画展

10月20日、21日の二日間は、白井ふるさと祭り。ここ数年、毎回雨に泣くお祭りですが、今年は晴天。
よく晴れ渡り、気持ちのよいお祭り日和でした。
私たちも会場内で使えるお買物券の発行や、シアバター、長期保存できるビスケットなどを販売しました。

今年は、新しい試みで、亀川清人さんのペン画展を開催しました。
毎月トクトク情報でご紹介していますので、足を止めて見入ってくださるお客様も多くいらっしゃいました。

NISライフサポートの協力企業、神野工務店も出店
子どもたちの無料工作教室を開催されていました。
木材を細かく裁断したパーツで作った作品はどれも、個性的で力作ぞろいです。

春のポイント祭り(追記あり)

今日は春分の日。これからは、厳しかった冬の寒さも一気に和らいでいくことでしょう。
水仙や梅、桃の花も咲きだしてきました。
春といえば、ポイント祭り。
ポイントシールとお花の交換会、白井は4月22日(日)に開催します。
ことしも、寄せ植えやサフィニアの鉢植え、たくさんの季節の花を用意しています。
なお、当日交換していただいたポイント総数の10%分を現金に換算して、「希望の牧場~ふくしま プロジェクト」にお送りし、動物たちのご飯代に役立てていただきます。
会場は白井市文化会館2階の中ホールです。

ポイント祭り白井

ポイント祭り白井

ちょうど、3階の展示ギャラリーで、東日本大震災報道写真展も開催しています。
お花を交換したら、写真展にもぜひご来場くださいね。

追記)
あいにくの雨模様でしたが、ポイント祭りに多数ご来場いただいてありがとうございました。
当日は、162件、6512ポイントの交換と現金の寄付をいただき、希望の牧場~ふくしま~プロジェクトに、20344円振り込みさせていただきましたことをご報告いたします。ご協力ありがとうございました。

シクラメン祭り


秋のお楽しみは、NISポイントとシクラメンの交換会。今年は、11月20日と23日に開催し、ほんとうにたくさんのお客様にご来場いただきました。シクラメン交換会

シクラメンは冬の花。夏から秋、そして冬が訪れる頃、咲き始めます。
今年も残暑が続いて、シクラメンには酷な気候になってしまいました。
いつも交換会は11月の第3週ですので、少しだけ花の最盛期には早く、フリンジが少なかったのが心残りです。

このシクラメンは、市場を通さず農家から直接送っていただいいているお花です。
多少、花や葉の付きは不ぞろいですが、丈夫で育てやすいのは抜群。
花の時期も長く、夏を越して咲かせる方もたくさんいらっしゃいます。
そのわけは、花の咲く時期を調整するための成長促進剤を使わず、自然の力で
育てているからです。

シクラメン交換会が終わると、いよいよ師走。今年も残り少なになってきました。