シクラメン交換会&白鳥

11月23日(祝)、シクラメン交換会を市内3か所で開催します。
開催時間は、12時~13時30分

①ASAニュータウン西白井店
②シャディホーム 駐車場 (市役所前)
③プロムナード6番街集会所 (社会保険大学の向かい側、道路沿いの建物です。)

・各会場とも、駐車スペースがございません。
徒歩、あるいは自転車でおいでください.
・交換は、一家族50ポイントまでとさせていただきます。

≪おまけ≫

11月15日に、清水口調整池にオオハクチョウが飛来しました。
幼鳥4羽、成鳥2羽の6羽です。これから、徐々に飛来数が増えてくれるでしょう。

清水口調整池のオオハクチョウ

白井ふるさと祭り&亀川清人ペン画展

10月20日、21日の二日間は、白井ふるさと祭り。ここ数年、毎回雨に泣くお祭りですが、今年は晴天。
よく晴れ渡り、気持ちのよいお祭り日和でした。
私たちも会場内で使えるお買物券の発行や、シアバター、長期保存できるビスケットなどを販売しました。

今年は、新しい試みで、亀川清人さんのペン画展を開催しました。
毎月トクトク情報でご紹介していますので、足を止めて見入ってくださるお客様も多くいらっしゃいました。

NISライフサポートの協力企業、神野工務店も出店
子どもたちの無料工作教室を開催されていました。
木材を細かく裁断したパーツで作った作品はどれも、個性的で力作ぞろいです。

シネマサークル「かすかな光へ」上映会

かすかな光へ

「かすかな光へ」上映とトークショー

9月9日(日)のシネマサークルは、ドキュメンタリー映画「かすかな光へ」を上映します。
公式サイト http://kasuka-hikari.com/
上映後に、森康之監督と大田堯さんの対談を行います。
当日券700円 前売り券500円

新聞の配達一時お休みについて

お休み連絡の専用HPを作りました。

ご旅行などで新聞を一時的にお休みする際は、下記のページよりご連絡下さい。

なお、配達お休み開始日がお申し込みから3日以内の場合は、直接電話でご連絡下さい。

3日後からの配達お休みにご利用いただけます。
http://asa-nis.com/kikaku/oyasumi.htm

 

春のポイント祭り(追記あり)

今日は春分の日。これからは、厳しかった冬の寒さも一気に和らいでいくことでしょう。
水仙や梅、桃の花も咲きだしてきました。
春といえば、ポイント祭り。
ポイントシールとお花の交換会、白井は4月22日(日)に開催します。
ことしも、寄せ植えやサフィニアの鉢植え、たくさんの季節の花を用意しています。
なお、当日交換していただいたポイント総数の10%分を現金に換算して、「希望の牧場~ふくしま プロジェクト」にお送りし、動物たちのご飯代に役立てていただきます。
会場は白井市文化会館2階の中ホールです。

ポイント祭り白井

ポイント祭り白井

ちょうど、3階の展示ギャラリーで、東日本大震災報道写真展も開催しています。
お花を交換したら、写真展にもぜひご来場くださいね。

追記)
あいにくの雨模様でしたが、ポイント祭りに多数ご来場いただいてありがとうございました。
当日は、162件、6512ポイントの交換と現金の寄付をいただき、希望の牧場~ふくしま~プロジェクトに、20344円振り込みさせていただきましたことをご報告いたします。ご協力ありがとうございました。

東日本大震災報道写真展

朝日新聞東日本大震災報道写真展

東日本大震災報道写真展が白井市で開催されます。

一年前の3月11日、未曾有の被害をもたらした東日本大震災
忘れることのできないあの日から一年がたちました。

家族や友人を失った方、いまなおふるさとを離れ家に戻るめどもがたたず、不安な日々を送る方がいます。
そして、福島第一原発はいまだ先が見通せません。
そんな中、「あの時、なにが起きたのか」「いま、被災地がどうなっているのか」をより多くの方々に伝え続けていくために、報道写真展を開催いたします。

東日本大震災報道写真展
主催 朝日新聞社  ASAニュータウン西白井 後援 白井市教育委員会
日時:4月10日(火)~22日(日) 9:00~17:00
    (初日11:00~最終日16:00まで)
場所:白井市文化センター 3F 展示ギャラリー

ポイントカタログ

白井版の新しいポイントカタログが完成しました。
お手元に順次お届けしておりますので、ご確認下さい。
カタログはこちら

昨年との変更点は、商品が多少変更したこと。
液体洗剤や、非常持ち出し袋が入りました。
また、協力店が4店増えました。

    ①鮨 饗庭
    ②中華料理 青霞 チンシア

明けましておめでとうございます。

昨年は、3月11日の地震と原発の事故により、かってない困難にさらされた年でした。
被災地の皆様はもとより、ここ千葉に住む私たちも、目に見えない放射能にさらされる生活を余儀なくされています。
それでも明けない夜はない、明るい未来に向かって前進することを祈らずにはいられません。
そして、私たちにできることを少しずつ積み上げていきたいと思っています。

本年もどうぞ、よろしくお願い致します。